2017年
11月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 最新号寄稿論文

寄稿論文 『事業継承と文書管理』 
本文はこちらからご覧になれます。
バックナンバーはこちらからご覧になれます。
 【 も く じ 】
はじめに
事業継続に必要な 「3つの文書管理」
1) 過去の文書
  @ 伝承する文書(企業のDNA・遺伝子)
  A リスク対策
  B 法律で保有期間を求められている
  C その他(組織の鉱石)
2) 現在の文書
  @ オフィスで管理している文書
  A 事業を継続する。
  B 文書の残し方
3) 将来の文書
本文はこちらからご覧になれます。
本文をご覧の際は、Adobe Readerが必要です。
  バナーをクリックしてAdobe Readerを入手してください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【寄稿者のご紹介】  城 下 直 之 (しろした なおゆき)
昭和17年大阪市生まれ。
関西大学工学部卒業後、民間企業の研究・開発・品質管理等の業務に従事。
平成2年より、大阪市の 株式会社 コンピュータブレーンにて電子ファイリングを中心としたコンサルテーション業務で活躍。
   
平成5年に「エスオーファイリング研究所」を設立。 自治体での情報公開条例、個人情報保護条例の作成から文書管理指導をはじめ情報公開・個人情報保護審査委員等の役職にも従事。
官民問わず広くファイリングシステムの改善・ダイエットオフィスの指導教育を行っている。
   
現在、関西大学文学部にて非常勤講師として、「文書管理論」教鞭の傍ら、高度情報化技術研究会理事、協創LLP設立に参加(2007年6月)し活動中
   
著書:「ファイリングシステム入門」「ファイリングマネージメント」「デジタル文書管理」(*)
いずれも日刊工業新聞社より発刊
(*)「デジタル文書管理」は当HP書籍紹介にて掲載中です。
   
E−mailはこちら、 URLはhttp://oosakajyou.com/xoops

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp