2020年
7月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー
(1〜55号)
既刊+Web版
記事検索
過去のレビュー
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
招聘講演

講演内容

ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 編集室員論文

『日本におけるファイリングシステムの歴史とあるべき姿

この論文について・・・最初にお読みください。

INDEX

第1章 はじめに・・・本論考が目指すもの

第2章 簿冊の歴史と特性および文書管理と簿冊式ファイリングシステムの歴史

第1節
簿冊とは何か?・・なぜ今、混乱の元凶に挙げられるのか?
第2節
日本近世の特異性と近代明治期にもたらした影響
第3節
近代明治期から現代までの公文書管理NEW!!
第1項
維新直後の混乱期における近世的文書管理の残滓と、近代的文書管理への移行過程NEW!!
第2項
「文書保存規程」登場と共に始まる簿冊式ファイリングシステム運用と現代への継承NEW!!
第3項
国のファイリングシステム研究過程と、選定された簿冊式システムの他国のそれとの独自性、及びバーチカル式システムが排除された具体的な過程と理由についてNEW!!
第4項
日本固有のファイリングシステムの「システム疲労」の顕在化と修復過程NEW!!
第5項
太平洋戦争後の文書管理とファイリングシステム・・最大の文書管理混乱期の中でNEW!!

第3章 米国式ファイリングシステムの画期性と誕生の背景にあったもの

第1節
19世紀〜20世紀にかけての米国の産業・経済・社会の様相の中で求められたもの
第2節
そして誕生した米国式ファイリングシステム・・何が画期的だったのか?
第3節
日本の官公庁へのシステム移入における蹉跌と現在における危険性
第4節
高度情報化社会に於ける情報処理システムとしての役割の終焉

第4章 文書管理とファイリングの到達点・・ペーパーレスに到る道

第1節
ペーパーレスオフィスの現時点での実現度
第2節
ペーパーレスオフィスを実現する統合(総合)文書管理システムと、必ず踏まなければならない準備プロセス
第3節
ペーパーレス時代における官公庁におけるファイリングシステムと は?
年月日内  容
02019.11.22第1章(その後改稿)を初めてUP
12020.5..22@第1章の全面改稿
A第2章以降の章節立ての変更
B第2章第1節UP
2 2020.6.4 章、節の表示誤りの訂正
3 2020.06.12 第2章第2節UP
4 2020.06.26 各論文の文末にリンクを設定しました。
5 2020.06.30 @第2章第3節第1項UP 
A第2章第3節第2項UP
6 2020.07.01 @第2章第3節第3項UP 
A第2章第3節第4項UP
B第2章第3節第5項UP
過去発表論文はこちらをご覧ください
本文をご覧の際は、Adobe Readerが必要です。
  バナーをクリックしてAdobe Readerを入手してください。

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp