2019年
1月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
3.まとめ
ビネガー・シンドロームに対する考え方!
   
 
1.フィルム資料(蔵書)は、紙資料と同じく重要
but ⇒ 対処は充分とは言えない!
   
 
2.“ビネガー・シンドローム問題”に対する充分な認識が必要
⇒ 現在進行形の問題!
   
 
3.保存対策としての「調査と計画」は2段階
⇒ 実施に当っては、紙資料とは違う マイクロフィルムの特性を
理解する必要がある。
   
 
4.早期点検、早期対処 が重要
⇒ ある時点から劣化は急に進む。
自触媒作用点 : 遊離酸度 0.5、 ADレベル1.5
   
 
5.職員の手の及ばぬところは専門業者に相談
⇒ 専門業者の知識と経験、技術と力を借りる。
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp