2019年
1月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
3.まとめ
マスターフィルム・活用フィルム別の劣化対処法
   
 
@ 環境整備、包材交換、劣化抑制
   
 
A 対処方法・対処時期 は次の点を考慮し選択する。
 
   
【マスターフィルム 】 ネガ・フィルム  資料価値:高、利用頻度:0      
  機能劣化レベル、原資料の存否・状態(注)  
 
(注) 原資料の存否は手元にあるのか無いのかも考慮!
⇒無いものは出来るだけ早めに対処する必要あり。
     
【活 用 フ ィ ル ム】 ポジ・フィルム   
  機能劣化レベル、資料価値、利用頻度
   
 
B 活用フィルム (ポジ) の劣化対策 【案】
   
 
  利用価値
資料価値 再購入、ネガから複製、
他媒体、再代替
再購入、保存協力、
廃棄(他機関)
廃棄?
  選択肢は「マスター」と「活用」では異なる
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp