2019年
5月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー
(1〜55号)
既刊+Web版
記事検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
2.調査と計画
2−1一次調査 〜調査方法〜
                            
 
「A-Dストリップ」 での調査
標本調査     抽出方法(層別、ランダム)
調査項目 撮影年(ネガ)A-Dレベル/ 7段階(注1)包材
A-D S試験日数 室温で3日(注2)
作業内容 A-D S設定と判定等、データ集計 
準備品 調査表、A-D S一式、(接着テープ)
作業時間 【例】 標本数 300〜400巻であれば20時間以内
      ⇒ ( 3人 x 3H ) x 2回 の作業
 
【注1】 「A-Dレベル」は通常の4段階にプラス0.5刻みを加え7段階とした。
【注2】 「試験日数」は確実に反応を見極めるため最低限の1日ではなく3日間とした。
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp