2019年
12月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー
(1〜55号)
既刊+Web版
記事検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
【調査事例】 インドネシア国立図書館 〜調査方法〜
   
 
調査時期 平成18年11月
ネガフィルム
保有数量
7,660巻 (1,050巻の真空密封されたフィルムがあったがこれは
調査対象外 とした。)
調査対象数量 6,610巻
標本調査 1/10 抽出方法(層別、ランダム)  ⇒
661巻
調査項目 撮影年(ネガ)A-Dレベル/ 7段階包材
保管環境 事務室を改良した保管庫
温度 19℃、 相対湿度 40〜50%
A-D S試験日数 室温で3日
作業内容 A-D S設定と判定等、データ集計
準備品 調査表、A-D S一式、(接着テープ)
作業時間 【例】 661巻 30時間
    ⇒ ( 5人 x 3H ) x 2回 の作業
 
【注1】 「A-Dレベル」は通常の4段階にプラス0.5刻みを加え7段階とした。
【注2】 「試験日数」は確実に反応を見極めるため最低限の1日ではなく3日間とした。
   
【調査事例】 インドネシア国立図書館〜一次調査結果〜
   
  保管環境がフィルム劣化に与える影響は大きい!
  表 : インドネシア国立図書館とアメリカ議会図書館の調査比較
 
施設名 調査実施年 ADレベル マイクロフィルム
作成開始時期
1.5〜3.0
インドネシア
国立図書館
2006年 47% 16% 1979年〜
アメリカ
議会図書館(AUC)
2005年
(推定)
8% 1% 1930年代〜
   
 
保管環境   熱帯気候のインドネシアでかつては最善の保管環境が整備されていなかった。
課題認識   包材  金属缶のもの 52巻
⇒ 実数は520巻と推定される。(約8%)
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp