2019年
1月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
2.調査と計画
2-3.二次調査 〜調査内容〜
   
 
目的 : 劣化フィルム全数に対し、巻き返しなどの作業実施。
あわせ フィルムの変形、画像の劣化を調査
                   
1) A-Dレベル2以上のフィルム(注)悉皆調査
 
(注) ADレベル2以上を劣化フィルムとしたのは、自触媒作用点 であるレベル1.5からレベル2.0 の間は集計のまとめ段階で概ねレベル2.0に丸められると判断したためである。
       
2) 調査
専門業者に委託




文書情報管理士
( JIIMAの認定証)
       
3) 点検内容 機能劣化 ( 画像・形状の変化・劣化 )
       
4) 機能劣化度 3レベル評価
       
5) その他 PETフィルムの抜取り点検調査
      保管状況によっては、PETフィルムにも機能劣化現象がみられることもある。 東京大学経済学部資料室 小嶋浩之氏のレポートには「PETベースのものにも劣化が多く見られるという衝撃的な結果となった」 と報告されている。
      『月刊IM』 Vol.45 No6 2006-6月号より 15P
   
機能劣化の点検内容
   
 
フィルム形状
 
    ⇒ フィルムの変形についてはこちらをご覧下さい
ゆがみ
エッジ部の波打ち
ベトつき
析出物(白粉)
ブロッキング
 
画像劣化
 
   
画像はがれ (乳剤面剥離)
銀鏡化
マイクロスコッピクブレミッシュ  (コロイド銀ブレミッシュ)
変色・褪色   etc.
   
機能劣化度評価
   
 
次のアクションに向けて評価を行なう!
   
 
機能劣化度はABCの 3レベルに分類
   
 
レベル A 劣化が見られない
    ⇒ 劣化抑制策を講じだましながら使う。
レベル B 劣化が見られる
    ⇒ 要保存ならフィルム複製が急がれる。
レベル C 劣化が著しく活用が不能 (注)
    ⇒ あきらめた上で何をするか?
 
(注) マスターフィルムからの複製フィルムの作成が出来ない状態や、活用フィルムの閲覧が出来ない状態を言う。
図書館では通常、マスターフィルムはネガ、閲覧用フィルムはポジが多い。
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp