2019年
1月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
はじめに
“資料保存委員会セミナーのお知らせ” から
   
 

資料保存対策上も蔵書構築上も、図書館・文書館にとってマイクロフィルムは大変重要な
媒体である。
このマイクロフィルムのベース(支持体)にTAC(トリアセテートセルロース)が使用されて
いた時期が長くあった。TACフィルムは特に保管条件がよくないと短命になり、保存・利用の用に立たなくなる危険性をはらんでいる。
フィルムがすでに酢(ビネガー)のにおいを発しているようなら症状は重く、すぐに治療(対処)が必要である。

今回の報告はマイクロフィルムのビネガー・シンドローム問題を中心に、各館で、
    1)フィルム資料群を診断<調査>し、
    2)必要な治療・予防計画を立てる
    ― その方途を概説する。

 
日時 : 2007 年 4 月 11 日 ( 水 ) 18:30 〜 20:30
会場 : 日本図書館協会会館  2 階研修室
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp