2019年
1月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
1.課題の理解
紙資料の「代替保存」におけるマイクロフィルムの位置づけ
 
紙資料の代替保存の方法  
電子化: 利活用性は高いが虚弱性を含有する。
システム依存性が強い
マイグレーション(世代管理)が不充分
  媒体の寿命
  次期システムに対応するために
データ形式や媒体の変換が必要
 
 
マイクロ化 の評価はなぜ高いのか!
* コンパクトで場所をとらない
* 簡単な装置により裸眼で資料を閲覧できる
* 規格が統一されている
* 記録データが安定している
長期保存性に優れている
 

最近は双方のメリットを活かしたこの方式も
取り入れられているが、 いずれにせよ、
マイクロフィルムの持つ長期保存性は
欠かせない!

   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp