2019年
1月
掲載記事
雑誌情報
書籍情報
寄稿論文
編集室員論文
最新の特集記事
過去の記事検索
バックナンバー(1〜55号)
記事検索(56号〜)
過去の「特集」検索
講演・展示レポート
主催・共催セミナー
今後実施予定のセミナー
直近で実施したセミナー
過去のセミナー
ご利用ください
文書管理用語集
編集室だより
最新送稿
編集主幹紹介
過去の編集室だより

文書管理通信について

小紙の記事構成
「文書管理通信」の歴史
文管ギャラリー
TOPページ変遷
プライバシーポリシー

トップ 特集記事 > ビネガーシンドローム 〜 おたくは大丈夫? 〜
1.課題の理解
保管条件とTACフィルムの寿命関係
   
 
マイクロフィルムは 長期保存 が可能な代替保存媒体です。
そのためには ⇒ 次の 3つの要因 が全てがそろってはじめて可能となります。
   
 
@使用素材: TAC、 PET
A現像処理: 規格に沿った適正処理
B保存方法: 保存用具保管環境
   
 
【参考】 代替保存媒体の予想寿命
種  類 寿  命
紙(中性紙) 250〜700年
紙(酸性紙) 中性紙の1/4程度
マイクロフィルム(PETベース) 約500年
LPレコード 約100年
磁気テープ ビデオテープ、カッセットテープ 30年以上
フロッピーディスク 20年以上
光ディスク CD-R 10〜30年
DVD-ROM 約30年
日本図書館協会リーフレットより
   
 
* 自触媒作用点(遊離酸度 0.5レベル)にならないようにする!
* 0.5レベルに達してしまったらどうするか?
 
   
 
   
 
前ページ 次ページ

Copyright(C) 2005 NPO Ageing Bright Club. All Rights Reserved.
E-mail:info@bunkan.jp